豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

パワースポット どの神社に行ったらいいの?

      2016/02/16

  • 効果のある神社、効果のない神社

日本全国あらゆるところに神社はありますが、そのすべてで,
同じ開運効果が望めるわけではありません。

開運効果1

着実な開運を願うなら、魂に響く強いパワーを体感しやすい、
本書で紹介しているようなパワースポットとなっている神社を
おすすめします。

神社がパワースポットであるためには、立地の条件のほか、
神主さんが常駐して、常に浄め祓いが行われ、祈りの力で天と
つながりやすくなっていることが重要です。

神社には多くの人が参拝し、さまざまな念を残しますが、
その中には我欲など、よくないエネルギーも混じっています。

神様のパワーは機れがない場所に降りるので、よくない
エネルギーが浄め祓いにより一掃され、場が清浄に
保たれていることが大切なのです。

運気を上げたいのなら、さびれた祠や神社には、
近寄らないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

  • まずは氏神様へご挨拶

自分がかなえたい願いを得意とするパワースポットの神社に行く前に、
まず、自分が住んでいる地元の神社、「氏神様」に参拝しましょう。

氏神様

氏神様は、いわばその地域の担当者で、その土地に住むものすべてを
まもる存在です。

このときは挨拶なので願い事はせず、日頃の感謝を述べます。
また氏神様のほかに、大にとって大事な神社に「産土神社」
があります。

産土神社はその大がこの世に生まれたときにいた土地を
まもっている神様で、生涯にわたってその大をまもります。

出身地を離れている大は、帰郷時などにご挨拶に行きましょう。

さらに、「魂の産土神社」と呼ばれるものがあり、これは人が
生まれて一歳になるまでに、ふさわしい神社の気がその人の魂に
入るという説によります。

魂の産土神社はその大がもっともパワーを授かることができる
神社ですが、それがどこかは、自分で知ることは難しいでしょう。

けれど、なぜか懐かしい感じがし、ご縁を感じる神社があれば、
意識して行ってみると、自分自身の魂の産土神社が見つかる
かもしれません。

それらの神社でしっかりとパワーをいただくために、どう参拝
したらよいのか、次にその実践的なコツをご紹介します。

スポンサーリンク