豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

新幹線のパンタグラフはフクロウがヒント

      2016/02/28

「のぞみ」といっしょにデビューしたのが、時速三〇〇キロの

新幹線五〇〇系です。

 

この車両は、従来のものとはちょっと違った、ユニークな

デザインの「パンタグラフ」を採用しています。

 

パンタグラフ

パンタグラフはスピードが速くなるほど騒音が大きくなります。

そこで五〇〇系では、騒音を落とすことに力が注がれました。

スポンサーリンク

空気抵抗を少なくするため、鳥の羽をヒントに、上部を鳥が

羽を広げたような形にして騒音を減らしましたが、それでも支柱から

出る音はなくなりません。これを解決したのが、野鳥の会の会員でも

あったある開発者のアイデアでした。

 

開発者が思い浮かべたのは、暗闇で音を立てずに飛んで獲物を

捕まえるフクロウの羽。フクロウは羽毛がやわらかいことや、

翼が大きく羽ばたきが少ないことも音が立たない理由ですが、

さらに羽の前縁にトゲがあり、気流を断ち切ることで音を

立てないようになっているのです。

 

これを取り入れたパンタグラフで、騒音は一段と小さくなりました。

ただし、フクロウの羽のパンタグラフが採用されたのは五〇〇系だけ。

 

二年後に登場した七〇〇系には、「く」の字型のパンタグラフが

使われています。

スポンサーリンク