豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

歯医者でも役立っているコンブ

      2016/02/25

虫歯で「歯医者」に行くと、粘土のようにクニャクニヤ

したものを歯に押しつけられ、しばらく噛まされること

があります。

image008

あのクニャクニヤしたものは「印象材」といいます。

 

噛んでいるうちに歯型がついた状態で固まってくるので、

それをもとにして、歯科技工士が、歯にかぶせたり差し歯に

するための義歯をつくってくれるのです。

 

印象材の主成分は石膏ですが、石膏だけで歯型を

とると固くなりすぎて、歯からはずしにくくなります。

スポンサーリンク

これでは患者さんも痛くてたまらないでしょう。

 

ですから、歯型をとるための石膏には、適度な

やわらかさが必要です。

 

そこで、印象材には意外な材料が加えられています。

なんと、ゴング類が含まれているのです。

 

コップの一種を煮詰めて抽出されるアルギン酸

という成分に水を加え、石膏と混ぜると、粘土のように

やわらかくなります。

 

これなら歯のすみずみまで入りこむことができ、

固まったあと楽にはずせる印象材になるわけです。

スポンサーリンク