豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

左利き選手を「サウスポー」と呼ぶワケは?

      2016/04/08

ご存じのように、ボクシングや野球などでは、

左利きの選手のことを「サウスポー」といいます。

英語では「southpaw」。

image008

直訳すると「南の手」ですが、これはある野球場の

向きからきた言葉です。

スポンサーリンク

最初にサウスポーと書いたのは、『シカゴニュース』の

ピーター・ターンという説と『ヘラルド新聞』のチャールズーシーモア

だという説がありますが、いずれにしても舞台は一八八〇~九〇年代の

シカゴ球場。

 

ゲームの観戦記ではじめて使われました。

当時のシカゴ球場は、バッターの目に西日が入らないようにと、

バッターがピッチャーを正面に見たときに東に向くように

つくられていました。

 

反対にピッチャーは、東から西に向かって投げます。

ということは、左ピッチャーの場合、左腕を振り上げるのは

南側になるわけです。

 

そこで、「南の手=サウスポー」と表現されたわけです。

これが野球だけでなく、ボクシング、テニス、バレーボールなど、

次第にさまざまなスポーツのレフトハンドの選手に使われる

ようになったのです。

スポンサーリンク