豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

アメリカ大統領選挙はなぜ火曜日なの?

      2016/04/09

アメリカ大統領に関して、日米の感覚の違いがあらわれる

ところがもう一つあります。

それは選挙日の曜日。

image006

アメリカ大統領選挙は、二一月の第一月曜日の翌口の火曜日」

と定められています。

 

大統領選に先立って、三月上旬に行われる代議員の予備戦や

党集会も、やはり「火曜日」に集中しています。

スポンサーリンク

選挙はいつも日曜日……というわたしたち日本人の

感覚からすると、不思議に思いませんか?

 

アメリカも日本と同じく、日曜日が休日の人が多いはず。

それなのに、どうして日曜日ではなく、平日の火曜日に

選挙をするのでしょうか?

 

これでは投票率が下がりそうですが……。

じつは、休日に選挙をしたほうが投票に行きやすい

というのは、働きバチといわれる日本人特有の

考え方といえます。

 

アメリカ人は逆で、休日はしっかりと、プライベートな

時間を楽しみたいと考えます。

 

休日に選挙をすると、むしろ投票に行く人が

少なくなってしまうのです。

 

かといって休み明けの月曜日では、休日を楽しんだ

反動で疲れていて、あまり頭がはたらきません。

 

そこで、選挙に最適な日は火曜日とされたのです。

休日を大変大切にするアメリカ人と、仕事最優先の

日本人の考え方の違いが、選挙日にも反映しているわけです。

スポンサーリンク