豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

これが花粉症の四大症状_1

   

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが、花粉症の主症状

花粉症には典型的な症状があります。
代表的なものが、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして目のかゆみです。
これが花粉症の四大症状だといってよいでしょう。

花粉症

空気中を飛散している花粉は、まず鼻の粘膜や目に接触するため、
こういった症状が現れてくるのです。

ある年に、スギ花粉症の忠者さんを対象に、どんな症状が現れているかを
調査したことがあります。

その結果、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった鼻の症状がある人は
100%、目のかゆみなど、日に症状が出ている人は98%にのぼりました。

つまり、スギ花粉症の忠者さんのほとんどが、これらの症状を
持っていることになります。

花粉症で起こるこれらの主症状には、はっきりした特徴があります。
花粉症と問違えやすい鼻かぜと比較しながら、四大症状について
説明していくことにしましょう。

スポンサーリンク

  • くしゃみはたて続けに起こるのが特徴

花粉症のくしゃみは、連続して起こり、回数が多いのが特徴です。
7~8回、あるいはそれ以上続くこともあります。

くしゃみ

まさに“くしゃみ発作”ともいえるようなもので、
かぜで起こる3~4回のくしゃみとは、明らかに異なっています。

なかには、大量に花粉を吸い込んだために、
一日中くしゃみが出て止まらなかったという例もあるほどです。

また、かぜのくしゃみは、せいぜい3~4日間程度で、
長くてもI週間も続くことはありません。
花粉症の場介には、花粉が飛んでいる問、数か月にわたって続きます。

スポンサーリンク

  • 鼻水はサラサラのまま変わらない

鼻水は水のようにサラサラしていて、いくらかんでも出てきます。
そして、この状態が何日たっても変わりません。
ここがかぜによる鼻水とは異なります。

鼻水

かぜの場合には、最初はサラサラした鼻水が出ますが、
徐々に粘液性の粘つこい鼻汁になり、最終的には膿のような色に
変化していきます。

こうした変化のないのが、花粉症の鼻水の特徴なのです。

スポンサーリンク