豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

これが花粉症の四大症状_2

   

  • がんこな鼻づまりは一番つらい症状

花粉症の鼻づまりはがんこなもので、ひどい場合には、両方の鼻が
完全につまって、まったく鼻で息をすることができない状態になります。
かぜで起こる鼻づまりより、さらにひどい状態といってよいでしょう。

花粉症の患者さんが、いろいろな症状の中で最もつらく感じるのは、
実はこの鼻づまりなのです。

鼻詰まり

昼間に花粉を吸い込んで、夜になってから鼻づまりがひどくなることが多く、
そのために睡眠不足になってしまうケースも少なくありません。

どうしても口で呼吸をするようになるため、二次的な症状として、
のどの乾燥や痛みなども起きてきます。

また、鼻づまりのために集中力がなくなり、仕事や勉強に支障を
きたすこともあります。

スギ花粉症はちょうど受験シーズンにひどくなるので、
そういった影響も見逃すことができません。

スポンサーリンク

 

  • 目のかゆみは、こするとさらに問題を起こす

花粉症の目のかゆみもつらいものです。花粉が眼球やまぶたに付着するために、
涙がボロボロ出て、強いかゆみが起こります。

眼球結膜(白目の部分)もまぶたも腫れぼったくなり、ひどくなると
眼球結膜がむくんだようにブヨブヨになったり、まぶたが腫れて目が
開かなくなったりすることもあります。

目のかゆみ

また、あまりのかゆさに目をこすってしまうため、
結膜や角膜(黒目の部分)を傷つけてしまう人もいます。

こうなると、目がゴロゴロする、痛みがある、まぶしさを感じる、
日がかすむ、といった症状が出てくるようになります。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりは、鼻かぜでも起こりますが、それに目のかゆみが
加わったらまず、ただのかぜではないと思ってよいでしょう。
花粉症の症状の程度は、花粉の量が多いときほどひどくなります。

スポンサーリンク

 

  • 鼻汁の種類と鼻の病気

鼻の病気は、鼻汁の性状で、ある程度は推測することができます。
水のような鼻汁、つまり鼻水は、花粉症などのアレルギー性鼻炎のほか、
かぜのひき始め、自律神経失調症による血管運動性鼻炎の特徴的な症状です。

鼻汁

これに粘りけが加わった鼻汁は、かぜの最盛期や慢性鼻炎などで見られます。
のどのほうに回って、たいへん不快なものです。
かぜの末期には膿のような鼻汁になりますが、蓄膿症でも同様の鼻汁が出ます。

膿に血液が混じる場合には、がんなど悪性の病気の疑いもあります。
また、膿のような鼻汁で、魚の内臓が腐ったようなにおいがするのは
上顎の虫歯から起こった蓄膿症の特徴です。

スポンサーリンク