豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

東京タワーが三三三メートルになった理由

      2016/03/01

「東京タワー」は高さ三三三メートル。現在では世界一の座は

明け渡していますが、一九五八(昭和三三)年の完成当時は、

高さで堂々世界ナンバーワンの座にありました。

 

東京タワー

この東京タワーの高さは、当時世界一だったフランス、パリの

「エッフェル塔」(三二〇メートル)の高さと関係があります。

スポンサーリンク

当時はテレビ局の開局ラッシュ。何本ものテレビ塔が乱立するのを

避けるために、総合電波塔が建てられることになったのです。

 

関東一円に電波を発信するには、周囲の障害を避けるために

三〇〇メートル以上の高さが必要でしたが、どうせ建てるなら

世界一の高さの塔を、ということで、当初は三八〇メートルに

する予定で工事がはじめられました。

 

ところが、建設途中で資金が不足。仕方なく高さを予定より

低くすることにしましたが、せめてエッフェル塔より高くと

いうことで、覚えやすいように数字を揃えた三三三メートルに

したのです。

スポンサーリンク

デザイン的に下のほうがやや開いているのは、三八〇メートルを

想定して土台を大きくしたからです。

 

この変更により工事費は五〇パーセント以上も安くなりましたが、

総工費二八億円という大きな仕事でした。