豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

手品のハトはなぜ白ばかり?

      2016/02/29

ハ卜は人間とのつき合いが長いですから、「手品」にも

よく登場します。

 

シルクハツトやポケットからサッと出てきて、大きな拍手を

浴びていますね。

スポンサーリンク

この手品のハ卜、よく思い出してみると必ずといって

いいほど白いハ卜ではないでしょうか。

 

これには見栄えのほかにも、理由があったのです。

白いハ卜

手品で使う白いハ卜は「ギンバト」と呼ばれます。

ほかのハ卜より小さいため服のなかに隠しておくのに

都合がいいのです。

 

しかし白という色は、膨張色なので羽を広げるとふつうの

ハ卜と同じ大きさに見えるのです。

 

また、性格もおとなしく、暴れ出すようなことも

あまりありません。

 

手品のハ卜がおとなしくしているのは、仰向けにすると

おとなしくなる鳥の性質も利用していますが、うまくやるには

長いあいだの訓練が必要なことはいうまでもありません。

スポンサーリンク