豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

テニスボールに毛が生えているわけは?

      2016/04/03

スポーツに使うボールはつるつるしたものが多いですが、

唯一毛が生えているものがあります。

「テニスボール」ですね。

image004

テニスボールの芯の材料は、天然ゴムに薬品を入れた配合ゴム。

二つに切って接着剤で張り合わせ、なかに空気を閉じ込めます。

スポンサーリンク

その上に「メルトン」と呼ばれる毛羽立った布を張っていきますが、

布の材料はウール、ナイロン、ダクロンの混紡、フェルトです。

 

でも、テニスボールには、なぜわざわざ毛羽立ったメルトンを

張るのでしょう。

 

これは、ボールが飛ぶときの気流を調整し、スピードと

反発力を落とすためです。

 

もしテニスボールがつるつるだったら、今よりボールは

速く飛び、しかも弾みすぎて、ゲームは成り立たなく

なってしまいます。

 

そのほか、ラケットの制球力を増し、当たったときの衝撃を

やわらげるという役割もあります。

スポンサーリンク