豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

アイスクリームのフタの謎

      2016/02/19

高級アイスクリームは別ですが、一般的な一人用の

紙カップ入りアイスクリームは、ずいぶん簡単なフタの

つくりをしています。

image002

丸い平而に小さな把手がついただけの落としブタです。

なんとも頼りない「アイスのフタ」ですね。

 

これはアイスクリーム独特のフタですが、この形には

ちやんとわけがあったのです。

 

食べかけのアイスクリームを冷凍室に入れておいたら、

ザラザラしておいしくなくなったという経験はないでしょうか?

 

アイスクリームを密封せずに冷凍室で保存すると、

時間がたつにつれて水分が蒸発してしまいます。

スポンサーリンク

すると、含まれている乳糖の濃度が高くなり、乳酸カルシウムが

結晶化を起こすことで、舌ざわりがザラザラしてくるのです。

 

これをできるだけ防ぐためには、冷凍保存するときに、

水分を逃がさないよう工夫しなければなりません。

その工夫が、落としブタというわけです。

 

工場でアイスクリームをカップに入れたあと、あのフタを

はめて上から押さえつけると、よぶんな空気が抜けます。

 

アイスクリームとフタがぴったり密着するので、

こうすれば乾燥しにくくなります。

 

アイスクリームの水分を逃がさない方法はほかにもありますが、

この落としブタ方式がもっとも低コストですむので、

長く用いられているのです。

スポンサーリンク