豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

皇居一般参賀の日の丸はだれがつくつているの?

      2016/03/08

皇居の一般参賀では、人々が天皇家の方々に「日の丸」を

振るシーンがテレビでも見られます。

image002

あんなにたくさんの日の丸を、どうしているのかな、宮内庁が

用意しているのかな、と思っている大も多いと思います。

スポンサーリンク

あの旗は、社団法人国旗協会という団体の皇居参賀協力委員会が

つくったもの。男女約二〇〇人の会員たちが朝六時半頃から

人々に旗を配っていたのです。

 

この委員会には、商工会議所や神社本庁などI〇の全国組織が

加盟しており、協力し合って年間約一〇万本もの旗を

つくっています。

 

材料の紙と棒は東京で調達されて、組織の人々が1本1本

手づくりするというから大変です。

 

これはあくまでボランティアのため、報酬はありません。

材料費だけで約三〇〇万円以上、これに運送費もかかる

のですから、かなりの額になるでしょう。

 

それでも、皇室のみな様に喜んでいただければと、会員たちは

精力的に取り組んでいるのです。

スポンサーリンク