豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

パワースポットで何をするの?何をしたらいいの?

      2016/01/10

  • パワースポットを楽しもう

パワースポットでは、まず、体中の空気を入れ替えるような
イメージで深呼吸をしましょう。

目に見えなくても、そこに満ち満ちているパワーを
全身で受けとるような気持ちで、深く呼吸します。
息をゆっくりと長く吐くのがコツです。

パワースポット2

また、楽しい将来の計画など、プラスイメージのことを考えると、
よりパワーが吸収できます。

できれば二時間くらいはその場に滞在し、日常の生活とは違う
時間の流れを満喫してください。

神社などの場合は、境内の茶店を利用するなどして、
ゆったり過ごすのもおすすめ。
名水があればいただきましょう。

飲用できない場合は、手を洗うだけでもよい気が得られます。
名物を食べるのも、その土地のパワーを取り入れる上で効果的です。

また、温泉があるところなら、入ることでさらに
パワーチャージできます。

そして、パワースポットに咲いている花に話しかけると、
花に宿るプラスのエネルギーも分けてもらえます。

パワースポット内のきれいなもの、生気あふれるもの
すべてに意識を向けることが、エネルギーをもらう
重要なポイントです。

スポンサーリンク

さらに、霊山と呼ばれるような山は、神社と同じく聖域ですから、
入山するときに神様に「本日は参拝(登拝)に参りました」
と挨拶をしましょう。

その心がまえのある、なしがパワースポットの
パワーを受けとる上で、大切です。

悪いことや不満は一切、考えたり口にせず、
意識的に気を引きしめて登るようにしましょう。

 

  • パワースポットでの開運のタブー

心が休まり、楽しみながら運気改善が望めるパワースポットでの開運は、
もっとも手軽で安全な開運法ですが、ひとつだけ
注意しなければならないことがあります。

それは神秘主義にはまりすぎない、ということ。
パワースポットをたびたび訪ねるようになると、不思議な
シンクロニシティや、偶然の奇跡が身近に起こるようになります。

スポンサーリンク

しかし、だからといってすべての問題をパワースポットの力で
解決してもらおうと、現実的な観点や努力を抜きに、
ひたすらパワースポットだけに頼るのは本末転倒です。

あくまで、人生の主体はあなた自身。よりよい生活のために
行くのがパワースポットで、パワースポットへ行くことが生活に
なってしまってはダメなのです。

自分の実生活を大事にして、「がんばれる子不ルギーをいただこう」
という姿勢で、無理のないペースで訪れるのが、パワースポットとの
よいつきあい方です。

また、パワースポットは古くからの聖地としてまもられている場所が
多いので、寺社や霊山の場合はとくに、信仰している方の
迷惑にならないように、マナーある行動を心がけましょう。

大声を出して騒いだり、公開していない場所に
勝手に入り込まないように。

御神木など、神聖なパワーの源のひとつであるものを傷つけたり、
むやみに触ったり、落書きするなどはもってのほか。
石なども持ち帰ってはいけません。

スポンサーリンク