豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

世界で使われている日本古来の単位がある?

      2016/03/07

重さでも長さでも、現在一般的に使われている「単位」は、

「メートル」「グラム」など、西洋から入ってきたもの

ばかりで、日本古来の単位はあまり使われていません。

 

ところが、日本古来の単位で、国内はもちろん世界的に

用いられているものがあります。

 

それは、「匁」という重さの単位。一匁は三・七五グラムに

当たります。

image002

「匁なんて使っていないじやないか」と思うかも

しれませんね。

スポンサーリンク

たしかに一般的にはあまり使われません。

これは、真珠業界で使われる単位なのです。

 

宝石の重さは、ふつうは「カラット」であらわしますが、

真珠だけは違います。

 

日本が世界で最初に真円真珠の養殖に成功し、真珠取引の

中心地となったことから、当時の日本で使われていた匁が

世界的な単位となりました。

 

だから今でも、匁が使われているというわけです。

スポンサーリンク