豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

二宮金次郎像か読んでいるあの本はナニ?

      2016/03/17

日本に大学がつくられるようになっだのは明治時代からですが、

『大学』というタイトルの書物はそれ以前からありました。

image004

もちろん、学校の大学とは関係なく、中国の儒教の経書のことです。

この『大学』は、銅像の一部にもなっています。

スポンサーリンク

薪を背負って本を読みながら歩いている「二宮金次郎」の像で、

彼が読んでいる本が『大学』なのです。

 

二宮金次郎の像は、彼の伝記『報徳記』の「採薪の往き返りにも

大学の書を懐にして……」の部分をもとにつくられています。

 

ここに「大学の書」とはっきり書かれているのですね。

この本が、金次郎少年の愛読書だったのでしょうか。

スポンサーリンク