豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

富士山大噴火でなぜか売れたものとは?

      2016/03/23

日本コ局い富士山は活火山です。一〇〇年以上も噴火していませんから、

次の噴火が大爆発になるのではないかと心配されています。

image004

ところで、富士山が一七〇七(宝永四)年に大噴火したときには、

江戸で「コンニャク」が飛ぶように売れ、品切れになったそうです。

スポンサーリンク

これはコンニャクが「胃腸のほうき」といわれ、体のなかに

たまった砂を払うという俗信があったためです。

 

富士山噴火で、昼間でも行灯が必要なほど江戸じゅうに

火山灰が降りました。

 

そのためかなりの量の灰を吸い込んだ人々が、コンニャクで

体の掃除をしようと思ったわけです。

 

コンニャクが体の砂を払うという科学的根拠はありません。

この俗信の由来は、製造の過程で樽に入れたコンニャクを男たちが

両足で踏んだことにあるようです。

 

このときに足についている砂がきれいに吸い取られた

ためだといいます。

 

体のなかの砂まで払うかどうかはわかりませんが、

繊維の豊富なコンニャクが、便通をよくするのは確かです。

スポンサーリンク