豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

アジサイの学名に、なんと日本人の名前

      2016/03/14

  • アジサイの学名は「ハイドランゲア・マクロフィラ・オタクサ」といいます。

 

この学名、興味深いことに日本人女性の「名前」がついています。

最後の「オタクサ」は、「お滝さん」という女性の名前から

きているのです。

 

この学名をつけたのは、江戸時代末期に長崎にいた有名な

ドイツ人医師「シーボルト」です。

image004

シーボルトは、其扇という遊女に夢中になって、身請けして

いっしょに住むようになっだのですが、この基扇の本名が楠本滝、

愛称「お滝さん」だったのです。

スポンサーリンク

シーボルトは、「お滝さん」とうまく発音できなかったようで、

「オタクサ」と発音していました。

 

彼はまた、日本の花のなかではとくにアジサイを愛し、

出島に花壇をつくってアジサイを植え、「オタクサ」と恋人の名前を

学名にしたのです。

 

恋人の名前をいちばん好きな花の学名につけたのは、やっぱり

彼女への愛情からでしょうか。

スポンサーリンク