豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

「無香料」化粧品の匂いの正体はなに?

      2016/03/25

そんなわけでデパートに入ると、ぷ~んといい匂いがして

くるわけですが、近頃の化粧品は、お肌のトラブルを防ぐために

「無香料」の製品が増えていますね。

image004

でもこの無香料の化粧品、香料が入っていないのにも

かかわらずいい匂いがするものがあります。

 

なぜでしょう。

製品によっては、ハーブなど、化粧品の原料本来の匂いが

するものもあります。

スポンサーリンク

でも、ほとんどの製品の香りの正体は「変性アルコール」です。

化粧品に配合されるアルコールは、エタノールと

変性アルコールの二種類。

 

このうち変性アルコールには、一部を除き、あらかじめ香料を

含む変性剤が人っています。

つまり変性アルコールを使うと、間接的に化粧品に

香料を入れることができるのです。

 

しかし、香料そのものを直接入れているわけではないので、

表示の上では「無香料」になるわけです。

 

とはいえ、香料が入っていることには変わりありません。

香料アレルギーのある方は、「無香料」という表示を信用せずに、

「変性アルコール」の表示がないかどうかもチェックした

ほうがよさそうです。

スポンサーリンク