豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

・「パフェ」と「サンデー」はどう違う?

      2016/03/26

パフェとよく似たものに、「サンデー」があります。

たいていはパフェのほうが少し値段が高いようですが、メニューを

見ていると、どう違うのかわからずに迷ったりしませんか?

image004

このサンデーとは、一八九〇年代はじめにアメリカで

誕生したお菓子です。

 

ウィスコンシン州で、チョコレートをかけたアイスクリームを

売り出したところ、値段が高すぎてあまり売れなかったため、

日曜日に限って売り出したところ、よく売れたのだそうです。

スポンサーリンク

また同じ頃、イリノイ州の酒場で、客寄せのために日曜日に

チョコレートをかけたアイスクリームを出したところ、

こちらも評判になったといいます。

 

日曜日のお菓子なので、「サンデー」なのですね。

ただ、キリスト教の安息日をそのままお菓子の名前に

するのはよくないというので、つづりを変えて

「sundae」にしました。

 

今では、サンデーは、アイスクリームにチョコレートや

フルーツシロップなどの液をかけて、果物などを飾った

ものになっています。

 

これに対して、パフェは、アイスクリームに生クリームを重ね、

フルーツシロップや果物などを添えています。チョコレートや

果汁などに生クリームを混ぜて凍らせたものが色違いに

重ねられているので、おいしいだけでなく、見た目もきれいですね。

 

また、パフェは高さのあるグラスにふんだんに盛って

あるものが多く、そのぶん(?)サンデーより値段が

高いということになるでしょうか。

スポンサーリンク