豆知識・なんでも情報発信ブログ

様々な情報を紹介しています。ぜひお立ち寄りください。

肉マンは人の頭をまねたものだったり‥

      2016/02/22

頭といえば、人間の頭を模してつくったとされている

食べ物があります。

 

「肉マン」です。中華料理店では本場・中国にならって

「マントウ(饅頭)」といいますね。

 

image006

伝説によると、肉マンの生みの親は、『三国志演義』

で有名な蜀の軍師・諸葛孔明とされています。

 

彼は、進軍中、ある荒れた川を渡らなければ

ならなかったとき、土地の人々に、いけにえを

差し出さないと渡れないといわれました。

 

その土地では、荒れた川を鎮めるため、人間の頭を

いけにえとして川の神様に捧げる風習があったのです。

スポンサーリンク

困った孔明は、挽肉を小麦粉の皮に包んで、顔を描き、

人闘の頭の代わりに川の神様に捧げました。

 

すると、荒れていた川がほどなく鎖まったというのです。

 

この伝説どおりなら、最初の肉マンはいけにえの

身代わりだったわけです。

 

なかに詰めた挽肉とは、やっぱり脳ミソの代わり

なんでしょうか。

スポンサーリンク